Attributeの値を使ってGroup化

例えばGridの次にAttributeWrangleを繋いでRunOverをPointにする
@Cd = noise(@P+@Time);
と書くと下記のようにnoiseのColorが時間によって動きます。
f:id:shinobigiken:20170714090740g:plain

その次にGroupを繋いでGroupTypeをPointにする
(この時AttributeWrangleのRunOverとGroupのGroupTypeを同じ種類にしておく)
そしてBaseGroupに
@Cd.x<0.5
と書くと
(@Cd.xのxとはスウィズル演算子でR,G,BのRが0.5以下だと)
下記のようにGroup化される
f:id:shinobigiken:20170714090722g:plain

分かりやすくColorを繋げると下記のようになる
f:id:shinobigiken:20170714090655g:plain

PigにMounttainとColorを繋げてみた
f:id:shinobigiken:20170714090647g:plain