VOPでAttributeにアクセス

まずAttributeVOPを作って中に入ります

Bind(一番速い)
とりあえずコレが一番ラク
AttributeVOPの中にbindを入れて
Nameを上書きしたいAttribute名にして
Typeでデータ型を合わせる

ImportPointAttribute(番号を指定してアクセス出来る)
Point,Primitive,Vertexなどの種類が存在する
ImportPointAttributeの場合Ponit番号を指定してAttributeにアクセスすることが可能
ImportPointAttribute > InputをFirst Inputにする(これはAttributeVOPのInput1からの入力指定)
geometryvopglobalのptnumをImportPointAttributeのptnumに繋げる
resultで出力

GetAttribute(データ型と番号を指定してアクセス出来る)
GetAttribute > Signatureでデータ型を選ぶ
GetAttribute > InputをFirst Inputにする(これはAttributeVOPのInput1からの入力指定)
GetAttribute > AttributeClassでPoint,Primitive,Vertexを選ぶ
ptnumをi1に繋げる
Point番号を指定してAttributeを取得することも可能

Parameter
NameをアクセスしたいAttributeに変える
Typeでデータ型を合わせる
基本ParameterはAttributeVOPにSliderを作ってくれるが、コレを消したい場合は
Parameter > invisibleにチェックを入れると消える