AttributeWrangleでAttributeにアクセス(データ型を指定してアクセス)

AttributeWrangleの指定
例えばまずgridの次にAttributeCreateでtestというAttributeを作る
その次にAttributeWrangleを繋げて
@P.y = @test;
と入れるとP.yにtestの値が代入される。
これは@でP.yのAttributeにアクセスしてそこにtestのAttributeを代入している

データ型の指定
そしてAttributeにアクセスする時に
@の前にデータ型を入れる
例えばtestというAttributeの場合
v@test
i@test
f@test
s@test
のようにデータ型を入れる。
これはそれぞれ
Vector
Int
Float
String
の型を指定している。
例えばtestがVector3の場合
@testと入れてもHoudini側はtestのデータ型が何かわからない
それをv@testと入れると、testはVector3なんだなと判定してくれる。